新元号は早く発表して欲しい

天皇の退位により2019年から新元号になりますが、最近ニュースで新元号の発表は直前になるような事が言われています。早く発表する事は何か色々と不都合があるようです。様々な事情があるとは思いますが、SEからの立場からすると新元号は早く発表して欲しいです。

和暦は結構使用している

私は自治体のシステムの保守をしていますが、自治体も画面入力や帳票で想像以上に和暦を使用しています。データ上は西暦で保持していたりしますが、画面の表示や帳票では西暦を変換して和暦を表示していたりするので、影響を受けるわけです。

一般的に現状稼動しているシステムで元号が変わるのが初めてというシステムが圧倒的に多いと思いますので、和暦を使用していれば事前に動作確認が必要です。数ヶ月前から準備を始めないといけません。そもそも切り替えに対応していないシステムもあるかもしれません。その場合はシステム改修が伴いますのでさらに大変です。

私が保守しているシステムは基本的には元号の切り替えに対応してはいますが、固定で「平成」と出力している箇所があり、改修が必要です。

またほとんどのシステムはプログラミング言語(JavaやC言語など)やそのほかソフトウェア(例えばデータベース管理としてOracleやSQL Serverなど)を使用して動かしているのが一般的なので、新元号に対応するためアップデートが必要です。しかしそのアップデートも新元号が発表されないと対応できません。なので国民的影響を考えれば早く発表して欲しいものです。最悪システム障害が発生して、システムが動かなくなり大きな影響を受ける可能性があります。

2019年は忙しい

新元号の切り替え対応で2019年は全国のSEは忙しくなります。自治体の観点からすれば4月~5月は繁忙期なのでただでさえ忙しいのに元号の切り替えという対応が入ったら混乱しそうですが、なぜこの時期を選んだのか謎です。まだ年末年始の切り替えのほうが良かったと思います。

スポンサーリンク
テキスト広告等ディスプレイ広告(大)
テキスト広告等ディスプレイ広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする