IT関連の企業への就職活動に情報処理の資格があると有利か

IT関連の企業への就職活動(新卒)に情報処理の資格があると有利かについて間単に考察したいと思います。

情報処理の資格は有利である

採用担当の人に言わせてみれば、やはり情報処理の資格を取得しているというのは有利です。というのも情報処理の資格を取得しているというのは、真剣にIT関連の仕事をしたいと考えているまたそれなりの知識を有しているという事になります。

なお情報処理の資格といってもITパスポートの資格は何も役に立ちません。基本情報技術者の資格であればそれなりに評価されます。応用情報技術者の資格であればかなり評価されます。と言っても資格を持っているだけでは内定は出ませんが・・・。特にIT関連の中小企業では評価されます。私の会社もそうなのですが、社員の資格保持率を目標に掲げている会社や昇進の条件にしている会社が会社の規模に関係なく結構あります。

情報系の学部の人は資格保持が必須?

なお情報系の学部の人の場合は基本情報技術者の資格を持ってないと面接で突っ込まれたりする可能性があります。

実際私が就職活動しているときにグループ面接にて情報系の学部の人がいましたが、資格を保持していない事を突っ込まれていました。その時の回答として「ITパスポートを取得しようと思っています」と回答していましたが、「そんな資格を取得しても意味が無い」と全否定されていました。

SEは情報資格を持っている人多いか?

実は現役のSEでも基本情報技術者の資格を保持している人は多いですが、それより上位の資格を保持している人は意外に少ないです。なので応用情報技術者以上の上位の資格を保持している人は一目置かれます。なので就職活動で保持していればそれなりに評価される理由も分かると思います。

スポンサーリンク
テキスト広告等ディスプレイ広告(大)
テキスト広告等ディスプレイ広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする